睡眠時無呼吸の検査

  • 2013/11/07(木) 23:38:20

どーも。
最近、たった1杯のビールを飲んで倒れたりした事もあり、ちょっと健康に気をつけようという事で、ずっと通おうと思ってた睡眠外来に通院しておりました。

あ、あらかじめ結果を書いておきますが、とりあえず無呼吸はあるけど、今のところはまだ大丈夫だろうからもっと早く寝なさいという事でした(汗)


さて睡眠についてですが、元々、何年も前から(それこそ結婚する以前から)日中に眠気がある状態が続いておりいました。
また嫁さんからも夜に呼吸が止まってい事もあると言われていたので、ずっと睡眠時無呼吸の可能性があるのではないかと思っていました。


最初に簡易検査として、自宅で寝る時に、血中酸素濃度を測る小さな機械を指にはめて寝るという検査をしました。
呼吸が止まっていると呼吸による酸素の取り込みができず、血中酸素濃度が低下するため、それを測定するための検査です。
通常は95〜98%程度あります。
それが低下する事が多ければ無呼吸症状がたくさん出ているという事です。
通常、多くても1時間平均5〜6回程度だそうですが、その検査を2日間やった結果、70%台まで低下する事が1時間平均13回程度ありました。


そこで泊まりによる精密検査を行う事になりました。
全身に、寝返りの様子が分かるような機器、心電図、脳波測定、血中酸素濃度を測るなどの様々な機器を取り付け、一晩泊まります。
その様子がこちら(苦笑)
20131030睡眠チェック


結果としては、「無呼吸はあるが、今の所、まだそこまで心配する事はない。」という事でした。


レム睡眠時には基本的に体が動かなくなり、無呼吸は起きる可能性があるそうです。
その時間帯での無呼吸が多かったようです。
ちなみにレム睡眠時は夢を見る為、夢に合わせて体が動いてしまわないように体が弛緩して動かなくなるそうです。


私の睡眠時間は基本的には5時間〜6時間程度で少し短めだと思います。
もちろん人によって差はありますが、もう少し長く寝ないといけません。
毎朝5時半起きなので11時前には寝ないとダメなんですねf^_^;


通っていたところですが、地下鉄西11丁目駅近くにある「ねむの木クリニック」という所です。
キレイな施設で医師も看護師も物腰の柔らかな、とても良い所でした。
説明も懇切丁寧で分かり易かったです。

もし皆さんも日中に眠くなるような事があるようでしたら、睡眠外来に通う事をお勧めします。
病院は土曜日もやっているし、平日も日によって6時ぐらいまではやっていますよ。


今日はこのぐらい。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

写真だけ見ると(笑)

どんな大怪我かと思いました(笑)

みちえさん

元気ですよー♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する